ここでは喪中はがきの一般的な書き方をご紹介します。
喪中はがきを作成する際にお役立て下さい。

喪中はがきとは
年内に近親者に不幸があったときに、年賀欠礼の挨拶状として出します。
一般的に「喪中はがき」や「年賀欠礼状」と呼びます。

期間
先方が年賀状の準備をする前の 12月上旬までに届くように送ります。

服喪の範囲
配偶者・直系の血族・兄弟姉妹・同居家族
配偶者の両親・祖父母が一般的です。

表記の仕方
通常「年賀」という表記は避けます。
また、故人との続柄や、誰がいつ亡くなったかということも
明記したほうが、差し上げた方に親切です。

記入例
下に喪中はがきの一例をご紹介します。
作成する際に、文例などを参考にしてください。